葬儀の前の「エンバーミング・エンゼルケア」とは

葬儀ではご遺体を棺に収める前に「湯灌」と言って故人の身体を清める習慣があり、ほとんどの葬儀の会社で対応しています。

最近、湯灌のほかに生前に近い形でご遺体を整える「エンバーミング」「エンゼルケア」というケアを希望されるご遺族も増えています。

【エンバーミング】

エンバーミングは日本語で「遺体衛生保全」と訳されます。

ご遺体は、そのまま何もしなければ数日で傷んでしまいます。

都合で葬儀までに時間がかかる、海外で本人の希望で葬儀・埋葬を行いたいなどご遺体の保存が必要な場合に行われます。

具体的には、ご遺体の殺菌と消毒をしたのちに、特殊な薬剤を使った防腐処理を行います。

御身体に傷がある場合は修復も行います。

エンバーミングは専用の施設で資格を持った「エンバーマー」が行うため、安心感があります。

千葉でももちろん対応しているところがありますが、まだまだ数は多くありません。

【エンゼルケア】

エンゼルケアとは、故人がお亡くなりになった後に施されるケアになります。

本来のエンゼルケアの意味は、病院でお亡くなりになった故人の点滴や管を外し、解き放つということです。

病院で行うエンゼルケアは、看護師などが管を抜いた後に清拭や脱脂綿を鼻や口に詰めます。

必要であれば死化粧を施します。

葬儀社でもエンゼルケアを行なっており、最低限のケアだけ病院でしてもらった後に、葬儀社の方で湯灌を行い、髪や爪を整えて化粧やネイルを施します。

病院でも葬儀社でも構いませんが、料金などは事前に調べておきましょう。