こんな変わった葬儀も千葉では行われている

葬儀は俗に言う「一般葬」だけではありません。

会社の経営者などが社員や取引先などを集めて行う「社葬」や、最近増えつつある火葬のみを行う「直葬」など葬儀のバリエーションは時代と共に増えています。

◆多様化する葬儀に関する気になるニュースはこちら=>https://news.nicovideo.jp/watch/nw6270235

中でも個性的な葬儀を行う人も増えており、千葉でもそういったニーズに対応している葬儀の会社があります。

例えば以下のような葬儀です。

【無宗教葬】

さまざまな参列者が訪れるため、宗教色をなくした形式の葬儀になります。

セレモニーホールなどを貸し切り、読経・焼香をせず献花を行います。

スライドで故人の生前の姿を映したり、故人の好きな音楽を流したりすることができます。

【キリスト教の葬儀】

葬儀はもちろん仏式だけではありません。

仏教だけでなく、日本には多数の宗教があります。

特定の宗教の葬儀を行う場合にはマナーやルールはその宗教独自のものがありますので、まずはその団体に問い合わせて然るべき葬儀を行いましょう。

日本にはクリスチャンをはじめとしたキリスト教を信仰している人も多くいます。

キリスト教式の葬儀に対応している葬儀会社は千葉にもたくさんありますので調べてみましょう。

【生前葬】

終活の一環として、最近行う人も増えているのが「生前葬」です。

大きな会社の会長や有名人など、生前に多くの人にお別れを伝えたいという意思を持つ人も多く大規模なものが多いでしょう。

形式はカジュアルで本人の挨拶やパーティー形式で行われます。

もちろん千葉の葬儀社でも生前葬を対応しているところはあります。