葬儀が終わった後の「法要」について知っておこう

一般的に「葬儀」といえば、お通夜と告別式・火葬までを指しますが、それで全てが終わったわけではありません。

仏式の考え方では、故人が三途の川を渡り極楽浄土に行くまでには日数を要します。

そのため、区切りの日には再びご遺族が集まり「法要」という儀式を行います。

【初七日(しょなのか)法要】

故人が亡くなってから七日目にあたる日に行われる法要です。

命日から起算して7日目になりますので、葬儀から間もなくになります。

初七日は、故人が三途の川に到着するまでの期間とされており無事に川を渡れるように、という意味で執り行われます。

ご遺族が揃ったところで僧侶が遺骨に向かって読経し、会食をするのが一般的な流れです。

最近はご遺族であっても頻繁に集まることが難しいため、葬儀の日に一緒に初七日法要を行うところも増えています。

「繰り上げ法要」「繰り込み法要」と呼ばれています。

【四十九日法要】

一般的にもよく知られている法要のひとつといえます。

三途の川を渡ってから極楽浄土へ行くまで魂がさまよう期間とされています。

本来は七日間ごとに法要を行う習慣がありましたが、現在はほとんど行われていません。

また、四十九日が平日の場合は前倒しで土日に行われることも多いようです。

四十九日は規模の大きい法要になりますので、菩提寺もしくは葬儀会場を借りて行います。

食事の手配も忘れずに行いましょう。

お墓の用意があるという場合には、納骨式もその日に同時に行うことができるため依頼が必要です。