葬儀は時代ごとにトレンドがあるため知っておこう

現代の葬儀として一般的に広く知られている形式は、お通夜・告別式・火葬に初七日法要を含めた「一般葬」です。

しかし、時代と共に、葬儀の形式は変化を遂げています。

特に現代は葬儀の多様性が見られ、一般葬の枠にとらわれない葬儀が増えてきました。

時代ごとの葬儀の変遷について紹介いたします。

【大正期の葬儀】

当然のことですが、昔は土葬の風習がありました。

しかし、火葬場や霊園の増加や衛生面から徐々に火葬が主流となり大正期には火葬が過半数を占めるようになりました。

また、都市部であっても「葬列(葬儀場から葬儀場まで棺ご遺族が持って運ぶこと)」が通常の儀式としてありました。

葬儀も自宅での葬儀が終わった後に葬列を挟んで斎場で行うなど二段階で行われていたようです。

【昭和の葬儀】

それ以前は二段階方式で葬儀を行っていましたが、昭和初期は自宅でお通夜・葬儀を行うことが一般的になりました。

戦後の復興により集合住宅が増加し、自宅での葬儀は減少傾向になり、さらに霊柩車の登場により葬列の風習は都市部では完全に消滅しました。

斎場の数も増え、自宅葬から一般葬に切り替わったのもこの頃です。

【平成・令和の葬儀】

平成以降、需要が増している葬儀形態が「直葬」です。

直葬とは、葬儀会社が用意した遺体安置室で一日を過ごし翌日火葬場で簡素なお別れをする形式です。

その背景には葬儀費用の捻出もままならないといったご遺族の事情も大いに関係あるようです。

経済状況の悪化など、現代の日本の世相を反映している葬儀ともいえます。

◎関連記事のご案内:〈通夜も告別式もない「直葬」増加の背景 大手業者も参入|【西日本新聞ニュース】(西日本新聞が別ウィンドウで開きます)〉