葬儀は故人にゆかりのある土地・千葉で行おう

大切な家族や知人との突然のお別れは誰でも悲しいものです。

そういった意味でも「葬儀」とは、故人を偲び送り出し、ご遺族の気持ちに区切りをつける大切な儀式といえます。

また、婚礼と葬儀が重なった場合は葬儀を優先するというマナーがあるぐらい葬儀は重要視されています。

現代は、葬儀の形態もさまざまで、故人やご遺族の意向に沿った葬儀を行うことができます。

ぜひ、悔いの残らない葬儀を行いましょう。

【葬儀はゆかりのある土地で行う】

もし故人が千葉で暮らしていたなら、葬儀は千葉で行うのが一般的です。

▽参考までに:博全社で千葉県内の葬儀式場を探す

千葉に限らず、どこに住んでいたとしても葬儀は故人の住まいがある自治体で行います。

一般的に葬儀は亡くなってから3日以内にお通夜と告別式、火葬までを行います。

遠方での葬儀は参列者にとっても大変ですし、ご遺族の精神的・経済的な負担もあるからです。

【旅先など遠方で不幸があった場合】

実家が千葉にあるのに、遠方で単身赴任など一人暮らしをしていた方が亡くなったり、旅先で急な不幸に見舞われることも残念ながらあります。

その場合も、葬儀は千葉で行うのがよいでしょう。

ただし、遠方から千葉までご遺体を搬送する場合、距離によっては搬送料が高くなってしまいます。

この場合、先に火葬だけを亡くなった土地で行い、遺骨になった状態で千葉まで運びお通夜と葬儀を行うことも可能です。

葬儀の会社は小さいところが多いため、火葬だけを行う葬儀社とお通夜・告別式を行う千葉の葬儀社と二箇所を利用することになります。